忍者ブログ
時にはニューヨーク、時にはパリ。いえいえ、東急線の飲食店がメインっす!- ※本当のことを書いているので「食べログ」の記事は運営側より結構削除されてしまっています。
地域
バーコード
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



武蔵小山でチャイニーズといえば井門が人気あることはガッテン承知の助でぃ。
で、俺の場合は蘇州屋台。
一番回数多いかも。
ここのいいところは、フライパン物ひとつ取っても、野菜はシャキシャキに肉は柔らかく炒めてくれるところ。
材料を放り込むタイミングが絶妙なのでしょうな。
んで、人気は麻婆豆腐。
一言声をかければいくらでも辛くなりますよ。
俺はといえばマイルド派。
でも、あんまり得意じゃない麻婆豆腐がここまで美味いのだから、この店嫌いなはずはありません。
今回はといえば、麻婆豆腐付きの日替わり定食、コスパも最高です。
よろちくっ、哀愁。。。



M
PR


おーっ、テレビでやってたあの店かーっ。
ということでショーウィンドウを覗いて見ます。
んまそーっ、ということで注文の場所へ。
こういう時は、ぶっかけ、いやっ、ぶっちゃけお姉ちゃんに質問です。
「初めてなんですが、俺はどれを食べるべきでしょう?」
笑いながら「つぶあんが一番人気があります」というマニュアル通りの答えが返ってまいりました。
ほーっ、じゃコンビーフくださいっ。
と、俺。
はい、かしこまりました。
と、お姉ちゃん動じない。
味はねぇ、美味しいと思いますよ、パンがよく焼きで香ばしい。
想像よりもずんぐりむっくりなコッペパンね。
で、多分卵を塗っているところがピカピカ。
俺からみなさんにお伝えすることがあるとすれば、できるだけボリューミーなものを購入したほうが裏切られないかもというくらいかな。
しくよろっ、哀愁。。。



M


愛すべき婆ちゃんと爺ちゃんが、コツコツやっている店です。
俺的にはデニーズの次に一番食っている店かもしれません。
昔ながらの定食屋。
愛おしい店です。
野菜炒めを定食でいただくか、ニラ炒めか、ピーマン炒め。
ラーメンも醤油あっさりの中華そば。
チャーハンやオムライスは力強くフライパンが振れないため、ご飯くっつき系ですが、ご愛嬌。
そして定番の黄色いたくあん。
味のことはとやかく言っちゃいけませんよ。
でも、俺にとっては美味いのです。
宜しく哀愁。。。



M


ここは店の前に車が路駐できるので、結構使いますね。
絵画館へ続く銀杏並木の入り口。
MOZUで倉木警部がめっちゃ暴れたレストランです。
何を食ってもあたりです。
テラス席がオススメですよ。
気持ちんよかーっ。
で、帰りに鬼灯のジャム買って帰ってください。
他では食えんよ。
よろしく哀愁ぅ。。。



M


うーん、学大かなーっ、西小山かなーっ。
という場所にございます。
最近、蕎麦屋の野菜炒め定食注文率高しっ。
ここの野菜炒めは近所の蕎麦屋の中で一番パンチがございます。
ごま油の香り、塩胡椒の強さはダントツ。
蕎麦も腰が強いのでは。
親子丼も食べてみましたが、全体的に味濃いめ。
初老男性のお一人様率高し。
日本蕎麦屋ですが、中華系のメニュー強しっ。
いいんじゃないっすかー。
宜しく哀愁。。。



M


大岡山のライヴハウスから、イチローなら間違いなく盗塁が決められる距離にこの店は存在しています。
最高のコストパフォーマンスです。
ランチは麺ものでもご飯ものでも副菜がたくさん付いてきます。
カテゴリーは中華です。
上海台所という冠が表しています。
しかしながら店名はアジアンです。
味庵と書きます。
漢字にすると和っぽいです。
でも、中華です。
禁煙席はありません。
スープとご飯は自分でよそうタイプのおかわりフリー。
食前食後に関わらず、アイス・ホットコーヒーも飲み放題。
700〜1,000円ほどでお腹いっばい食べられます。
味は65点だけどねー。
宜しくぅ、哀愁ぅ。。。



M


大好物は何かと聞かれれば、マリリン・モンローとシンガポール・チキンライスと答える今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうかっ。
で、この店はといえば、カオマンガイというネーミング。
俺的にはシンガポールよりも、マレーシアで食ったチキンライスが一番美味かった思い出があります。
もち、パクチーサラダと骨入りスープは追加必須。
美味い不味いと言うよりも、臭いねーっと言って食べたい一品。
今回はハーフ&ハーフという代物をいただきました。
さぁ、いっちゃってくださいませ。
よろちく、哀愁。。。



M


かん、かん、かん、かんっ、かん太くんーっ。
鎌倉野菜の直売所であります。
畑が広がる地域にひっそりと建っています。
ノボリが無ければ気が付かないほどです。
そろそろみなさまお気付きのことと思いますが、歌が出るときはノリに乗っている時であります。
で、鎌倉野菜を買いに数ヶ月に一度立ち寄ります。
そしてカレーと天ぷらを食うのです。
公園の売店で使うような、あの発泡スチロールの入れ物に入ってます。
基本がテイクアウトだからです。
俺は思います。
ジャパニーズカレーで、これほど美味い店を知らないと・・・。
小町通りに「ドッキリカレーかん太くん」という店がありますが、こっちはダメです。
食うなら絶対、かん太村です。
四季によって、もちろん野菜が違います。
そして重要なポイントは、クックが違います。
ここの物静かなお父さんは、想像するに昔いろいろあったはずです。
それは指の本数でもわかります。
きっと壮絶な人生の末に、ここにたどり着き、最高の料理を極めたのだと・・・。
こんなに、んまいカレーは食ったことありません。
ここで1食いただいて、テイクアウトに3食持ち帰ります。
そして、揚げたての天ぷらも塩を振っていただきます。
サイコーです。
いや、サイコーーッです。
大船近辺を通りかかったら、ぜひっ。
あ、ちなみに15時くらいで閉店です。
よろちくっ、哀愁っ。。。



M


うーん、不味すぎます。
話にならーん。
すかいらーく系列の中でも結構好きなバーミヤン。
今日いただきましたのは、野菜炒めを定食で。
野菜炒めはその店の美味さがダイレクトにわかるので、野菜炒めがある店は初回にだいたい注文します。
今まで数回食べてここまで不味いのはなかったのにーっ。
クックがダメなのか、野菜がイマイチだったのか。
でもスープも異様に薄かったし、ご飯も柔らかかったしなぁ。
再度挑戦いたしますっ。
夜露死苦、哀愁。。。



M


九絵で食えっ、てぇな感じです。
どれくらい前かなぁ、この店ができた当時は「しばた亭」という競合店がありました。
で、その店亡き後、一人勝ちです。
8年ほど前でしょうか、この店で事件がありました。
飯を食っていると、ガス臭い。
女将さんが「お父さんガス臭くない?」と。
親父さんは「ん、そうかっ?」と一言。
「お客さん、ガス臭いですよねぇ?」と女将さん。
俺は「うん、相当臭いよー。」
で、店の中をチェック。
コンロの火が一台消えておりました。
その時一緒に騒いでいたやんちゃ息子も今では若大将として、この店を切り盛りしています。
そんなことを思い出しながら、今回の注文は九絵定食。
実は孤独のグルメなるドラマに登場してから、いっぱいで入れなかったんです。
ちょっと客足が落ち着いたんで、ここらで再訪。
1,500円で刺身盛り合わせ、煮魚・煮大根、生野菜、付け合わせ3品、香の物が付いてきます。
ご飯とあら汁はおかわり自由。
900円のなめろうを付けると2,000円と、400円お得になってます。
刺身定食は1,300円ですが、ここから煮魚・煮大根が無くなるだけなので、九絵定食がおすすめ。
実はこの煮魚、刺身より美味いです。
考えられーんっ、美味い刺身より美味い煮魚。
みなさんもいかがですか・・・。
ちなみに駅からダッシュで30秒っ。
よろしくぇ、哀愁っ。。。



M


いつも美味そうなわけです。
店の前を通りかかると食いたくなるわけです。
しかし失敗した経験があるので、大人としては入らないわけです。
しかししかし、腹が減っていて、味噌ラーメンが食いたくて、バターとコーンをトッピングに付けたところを想像したりすると、間違って入ってしまいます。
まだまだ子供の俺なのです。
そして、あーっ、別の店にすりゃーよかったーっ。
となるわけです。
失敗を繰り返すのは、ここのラーメンがフォトジェニックだからに他なりません。
宜しく哀愁。。。



M


犬の散歩の途中で立ち寄ります。
犬連れオッケーなのです。
でも、ほんとはどうか知りません。
だって俺行く時、他のお客さんいないんだもん。
店の中にでっかいローストの釜が2機もあるところを見ると、コーヒーに力を入れていることがわかります。
でも、この場所は厳しいのでは・・・なんて思ってしまいます。
実際この場所はテナントがコロコロ変わっています。
ニッチのお客さんをどう取っていくかが課題のお店ですね。
味はまぁいいと思うんです。
もっともっと、お客さんに増えていただきたいと願うばかりです。
しくよろ、哀愁っ。。。



M


この店に対するクレームはただひとぉーつっ。
テーブルが狭いこと。
そんだけぇーっ。
んまいね、味は言うことナッシング。
ランチはだいたい850円。
一部高いものと安いものがございます。
今まで食したのは・・・
タイスキ
ガパオライス
タイしょう油ラーメン
カオ・マン・ガイ
・・・の4品。
次はカレーいきたいと思いますっ。
よろしく、哀愁っ。。。



M


この店でピカチュー捕まえました。
いらん情報だったな・・・。
ランチでお邪魔しました。
石川亭の代名詞、キャベツ入りハンバーグとキッシュ、サラダのセットです。
出てきた瞬間に舐めていたことを後悔。
量ありすぎです。
しかも、パンは次から次へと持ってくるし。
ハンバーグだって230gあります。
デミグラス美味いから、進んじゃうし。
キッシュもそこらのケーキよりでかい。
参ったなぁ。
ヨロシク、哀愁。。。



M


最初は屋台で営業を始め、その後渋谷の並木橋、そして恵比寿西口に移転オープンしてから爆発的に流行ったお店です。
30年前はオーダー係のお兄さんの記憶力の凄さに驚いたものです。
麺固め、脂多め、ニンニク強め、海苔抜き、スープ濃いめ等の1人2〜3種のわがままが10人いたところでオーダーは完璧でした。
元祖背脂チャッチャ系、深夜まで開いていたので夜型の俺にはありがたいものでした。
恵比寿西口が閉店し、三茶がオープンし、恵比寿東口がオープンし、その後全店閉店。
そして、満を辞して六本木がオープン。
翌朝9時までやっているので、要チェックです。
よろちく、哀愁〜っ。。。



M


入った時が悪かったっ。
学大マダムに占領された女子会。
何を頼んでも出てこない。
雰囲気はいいんだけど、いきなりグループのオーダーが入ったら追っつかないよね。
これじゃしょうがないな、出直して再度美味いものを食べさせていただきましょう。
という矢先に閉店してしまいました。
まぁ、学大以外にも店あるみたいなので、今度はそちらで・・・。
よろしく哀愁ぅ。。。



M


さーて、久しぶりに勝烈庵でとんかつ食うかーっと、ハマに繰り出します。
第三京浜使って30分ほどで到着。
馬車道の瀬里奈駐車場に車を停めます。
ここは1日停めても1,500円とここら辺では最安値。
んで、歩いて3分の勝烈庵本店へ。
棟方志功の絵画達に挨拶をして、とんかつ食って店を出る。
で、一服するために立ち寄るのが、プロント。
この店、なぜか禁煙席が数席で、9割喫煙席でございます。
さすがハマっ子。
横浜といえば「自転車を盗まないでください」等の貼紙が有名ですが、この店のトイレにも・・・。
「タバコを吸うと消防が来ます」
「トイレットペーパーを持って帰らないでください」等々
倫理や道徳を気にせず生きているハマっ子へ向けたインフォメーションが・・・。
んで、味はといえば、ふっつーです。
シクヨロ、シュウアイ。。。



M


ささっ、老舗中の老舗、神田の藪蕎麦へやって来ました。
火災から見事に立ち上がり、営業を続けております。
旬のおすすめから今回は「かきそば」をいただきました。
この店で、味に文句をつけたらバチが当たります。
何を食っても美味いです。
一品料理も、もちのろんです。
だからといって高いわけではありません。
女将の声も、相も変わらず店内に響いております。
いや、轟いております。
サービスも行き届いており、さすがでございます。
お会計の時に顔を覚えていてもらい、ご贔屓ありがとうございますという言葉を頂戴すると、通りがかりでも寄らないわけには行かんでしょ。
よろしゅう、哀愁。。。



M


時給の高い、いきなりステーキ。
ここで働いてもいいかなぁ。
なーんて思いつつ、クリビツテンギョウメニューに挑戦っ。
CABワイルドステーキ450gっす。
サラダとライスが付いてきます。
ワイルドステーキなので、手で食いたいところですが、鉄板から煙が立ち上っているので、ここは我慢してフォークを使います。
こんなにジュージューいっているのに、ベリーレア。
経営はペッパーランチ。
ケネディを意識しとるんかな。
肉喰って、肉マイレージなるものも貯まります。
味はといえば、うーんワイルドっ。
ぜひっ。
よろにく、哀愁。。。



M


バンバンバ、バンバンバーーン、アービバ、ノンノン。
っうーわけで、喫茶バーーーン。
近くで見ると全然違うけど、遠目で見ると武井咲似のお姉さんに会いに珈琲舎バンに行ってまいりました。
で、コールド・モカジャバ。
ちょっとやそっとじゃ飲めませんよ。
まずグラスにコーヒーゼリーを投入。
そこにアイスコーヒーを注ぎ、バニラアイスをトッピング。
チョコソースをかけて、ホイップをサミットに。
んまいっ。
もともとバンのアイスコーヒーは定評がある上に、夢のような脇役が勢ぞろい。
死ぬまでに飲むべしっ。
よろしくぅー、哀愁ぅ。。。



M


どぜう屋ですが、俺はほぼクジラに逃げます。
店の人が、「あれーっ、もしかしてドジョウ食えないのかなー?」って心で思っていることが、わかる時があります。
そんな時は、「さしくじらと、くじら竜田揚げと、くじら汁と、くじらベーコンと、くじらなべ、くらはーいーっ。」と、全部持って来い攻撃を仕掛けます。
金持ちの、ここからここまで全部ちょーだいっ作戦みたいなものです。
そうすると、ドジョウ食えない派とグジラ大好き派の50:50に店員の心を揺さぶることが出来るからです。
そこで空かさず、「先週食ったからねっ」と空に向かって言い放ちます。
嘘ではありません。
ドジョウ食ったとは言っていません。
嘘はいけません。
そしてバレないうちに、鼻息を荒くしてパパッと食って帰る俺なのでしたっ。
ニョロしく、哀愁。。。



M


子供の頃はウルトラセブンのアンヌ隊員が好きでした。
その影響でしょうか、ずっとアンズが大好きです。
で、大人になると駄菓子屋で、みつあんずを箱買いしたりするのです。
あれ、甘いですよね。
でも、ここのあんずジャム、もっと甘いっすよ。
あっまーーーいっ、とお笑い芸人でなくても声が出ます。
ここのジャムは糖度が多店舗よりも20%増し。
そのほうがコクと香りが強くなるらしいのです。
なので俺の場合は辛めのカレーに合わせます。
商品名は「四季のジャム」。
ちなみに、あんずは今年度分完売です。
宜しく哀愁。。。



M


今はもう、地蔵通りの顔になってきちゃいましたね。
魚に強いお店です。
焼き物・煮付け・フライ物。
何でもかかってこい的な食堂です。
ご飯はおかわり一杯無料です。
難点といえば席が狭いことくらい。
しかしながら、熟年の原宿です。
隣同士他人でも、会話が弾んでしまいます。
エビフライもいいのですが、今回はシャケフライ。
ソースをドバッとかけて、いただくことにします。
よろちくぅ哀愁。。。



M


大きく分けて手前のカフェスペースと奥の食事スペースに分かれています。
9割は入り口付近のカフェスペースで一服のためにコーヒーをいただきます。
滞在時間は30分。
小町通りから一本入っているため、観光客で混んでいる時でも、この店はゆっくり寛げます。
そういえば、カフェスペースで他のお客さんと一緒になったことはないかもな。
まぁ、時間帯もあるのでしょうが・・・。
んで、奥に入るとちゃんとした食事ができます。
アメリカンダイナー的な感じかな。
名前の通り、ブランチにぴったりです。
「鎌倉で魚はもう飽きたな」的な時には、ここのフレンチトーストで、軽く小腹を満たしてちょんまげ。
よろ〜っ、哀愁。。。



M


やーまだっ電機っ。
というコマーシャルも聞こえてきそうな、自由が丘のヤマダ電機前。
家電を買うついでにいつも食うのがここ。
全体的に生姜が強めかな。
でも、毎回食いたくなるので、そんなには気にならない程度。
点心がオススメらしいが食ったことなーしっ。
いつも汁系・焼き系のそばか定食です。
焼きそばは、そこそこクオリティー高し。
サービスは期待しないほうがいいかも。
全体的に美味いと思います。
次は夜にでも、点心に挑戦です。
シクヨロ、哀愁っ。。。



M
PR
このブログについて
このブログは天地真理郎(あまちまりお)が実際食べ歩いた店を備忘録としてエントリーしています。
全く個人的な感想を正直に「美味い・不味い」と書いていますが、誹謗中傷をしているつもりはありません。
食べ物とは・・・一緒に食べる人、その時の気持ち、体の状態、気候等によって味覚は変わるものです。
よって、食べログなどで高評価の店も俺にとっては不味くなったり、またその逆もあり得ます。
俺が「んまいっ!」と言っている店を美味しいと感じるなら、多分このブログはこれからの店選びの参考になると思います。
また、本文の記入していないエントリーは「不味い」というわけではありません。
あくまでも備忘録、後でいいやとそのままになっているものもございます。
そして写真を撮るために食っているわけではありませんので、記事を書く時に画像に関してはウェブからの拾い物が多数ございますことをご了承ください。
店名に関しては「食べログ」に忠実に記載しています。
場所に関しては最寄りの駅を記載していますが、アバウトにお考えください。(駅の遠い場所に関しては、地名やランドマークで記載している場合があります。)
天地真理郎(あまちまりお)の超オススメ
世界で1番んまいっベーコンっす!
M

世界で1番んまい醤油、しかーしっ世界で1番高いっす!
M
美味い水
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い酒
M
M
M
美味いドリンク
M
美味いスイーツ
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い野菜・果物
M
美味い肉
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い海鮮
M
M
M
美味い惣菜
M
M
美味い麺類
M
M
美味い穀類
M
M
美味い乳製品
美味い調味料
M
M
美味いチャイニーズ
M
便利なケータリング
M
便利なレストラン予約
M
忍者ブログ * [PR]