忍者ブログ
プロフィール
HN:
天地真理郎(あまちまりお)
性別:
男性
地域
バーコード
[1]  [2]  [3


秘密の花園をご紹介。
といっても、紹介はしませんけどっ。
場所としては自由が丘と都立大と緑が丘のど真ん中といったところ。
高田純次さんのご自宅の近くですね。
不定期の営業ですが、とっても大好きなカフェであります。
一軒家のテラスとガーデンが喫茶スペースになっています。
季節の花々を見、鳥の声を聞き、目の前を蝶が舞う、そんなお店です。
コーヒーは丸山珈琲を使っています。
おすすめはハーブ系の飲み物と食べ物。
注文が入ってから、庭のハーブを摘んで調理します。
とってもナチュラル、とっても新鮮。
そして、「売り」はワッフルです。
10数種類のおいしいワッフルを取り揃えています。
教えたくなーい店です。
行っても開いていないことのほうが多いです。
俺にとってはとても大切な場所です。
探してみてください。
住宅街のど真ん中、他の住宅に紛れて辿り着くまでに時間がかかります。
小さな看板。
いや、看板出てないかな。
よろしく、哀愁。。。

PR


三途の川の渡し賃。
つーわけで、たまーにいく喫茶店。
カフェじゃなくて、喫茶店ね。
おじゃましまーす・・・と俺。
冷たいの、あったかいの?
と、マスター。
俺、あったかいの。
昔と、まったく変わらない味。
俺がこの店に通い出したのが18歳の時だからもうかれこれ35年以上になる。
この店がオープンしたのが確か40年ほど前。
ここのマスター、最初はコピーライターで外資系の広告代理店に勤めていた。
洋楽が大好きで、アルバイトでライナーノーツを書いたり雑誌の音楽評を書いたり。
そんなことしているのが会社にばれて、クビになってしまう。
その頃、好きだった女性が身ごもり、さて困ったぞということになった。
企画書はお手の物だったので、自分が喫茶店を開いたらこんなに儲かるぞという事業計画書を書き、20日間銀行のお偉いさんの自宅に通い詰め見事に融資を勝ち取ってしまう。
そして、開いたのがこの店。
音楽仲間が大挙押し寄せ、レコードを出す前にミュージシャンがこの店にデモテープを持ってくる。
それを店でかけているうちに、この店に来れば発売前のニューミュージックが聞けると、音楽ファンでいっぱいになってしまう。
そして神戸ポートピアでは、「これからの飲食店ベスト10」に選ばれる。
それ以後、役者、ミュージシャンの集う店というレッテルを貼られてしまう。
マスターは、今、谷村新司をこき使って、飲食店を営業しようと企んでいる。
・・・もちろん無給だろうなぁ。
確か俺も、バブルガムの2人とこの店で出くわした覚えがある。
テーブルは2つ、カウンターも10席は無いくらい狭い店。
外は歩けないくらい混む道沿いなのに、いつも店の中はがらんとしている。
このマスター、とにかく口が悪い。
俺が昔ドッグカフェを経営していたことを知っていて、犬猫の悪口を言う。
でも、実は犬猫大好きおじさんである。
それ以外の話も、マクドナルド、原発、温暖化、北朝鮮。
食い物の話もどんどん出てくる。
そして、話は俺のしているパワーストーンの数珠にまで・・・。
「あんたへんな人だねー、かわってるねー。」
俺から見れば、あんたも俺と同じくらい変な人だよ。
これからは、劇団民藝の俳優を使って朗読会をたびたび開催するらしい。
それにお誘いいただいた。
ありがとう、マスター。
そのうち、また寄らせてもらいます。
店の名前は「六文銭」。
自由が丘駅前のロータリー正面にある本屋の脇の細い道を入ったら、マクドナルドのまん前です。
営業時間は決まっているにもかかわらず「いきなり開店~なりゆき閉店」という変な店。
変な店・変な人好きなら・・・ぜひ。
ちなみに、マスターに名刺をいただくことができたなら、あなたもマスターに認められた証拠です。
よろしく哀愁っ。。。





ぎゅうどん、ひとすじっ〜、はっちじゅうぅねぇ〜んっ。
という歌をテレビのCMで聞いてから、確実に20年以上経っていると思うんですけどーっ。
試行錯誤を繰り返し、ダメな方向に向かっている感じです。
まさに、現代日本を象徴する店であります。
小学生の頃は野球場の外野席で牛丼弁当を食べるのが月に一度の楽しみでした。
中学の頃は学校を抜け出して食いに行った思い出。
高校に入ると店員を脅かして肉を増量させる悪ガキに。
大人になってからはニューヨークのビーフボウルは生卵が置いて無いんだという驚き。
そしてBSE。
で、肉が変わり、調理が変わり、料理が変わり・・・。
すき家と松屋が幅を利かせ、今では風格が無くなってしまいました。
昔は良かったって言葉嫌いなんですけど、吉野家に関してはあてはまりますね。
宜しく哀愁っ。。。





若ーい頃から通っている店、MAX。
お客様は比較的高齢層で、チャラい若者に出くわしたことはございません。
で、クラシカルな内装にもかかわらず喫煙OKという数少ない店でございます。
はいはい、オカジュウでは昔から有名なパイの店。
マダムが一生懸命作っております。
俺の好みはブルーベリーパイとミートパイ。
お高いけど、んまいよっ。
宜しく、哀愁、、、。。。





弊社では、原材料や家賃・人件費などの店舗運営にかかるコストや消費者物価指数や地域の景気動向などに応じて地域別価格にて販売しております。
ご利用地域で若干の価格差がありますので、事前にお知りになりたいときには、お客様サービス室までお問い合わせをいただけますようお願い致します。
・・・とは、マックの弁。
関西で言うと、マクドの弁。
知ってました?
マックは店舗によって価格違うんですよーっ。
で、本題。
本題、遅っ!
マクドナルドのハンバーガーって美味いよね。
美味いよねーっ?
あの商品を100円で売れないでしょ?
100円やるからあれ作れって言われて作れる人は凄いよね。
そういう意味でマックの商品って美味いと思いますっ。
武田真治の身体は、ほぼコレで出来ています。
うーん、よろしく哀愁っ。。。





自由が丘のべこや。
お友達のお勤めするキャバクラのすぐ近くなので、超わかりやすかった。
噂に聞くべこやとはいかなるものかと思って、緊張しながら中へ。
タン塩・タン・豚骨付きカルビ・カルビ・ネギタン塩・ネギ塩カルビ・塩カルビ・ロース・ハラミステーキ・サーロインステーキ・テジカルビ・タッカルビ・イカ焼き・レバー・ヤン・ホルモン・ハツ・ギャラ・キムチ・サラダ・ライス・スープ・アイスクリームが食べ放題。
一応10人前ほど平らげてお会計、一人2,500円ほどなので充分お得なのだが、なんか感激うっすーい。
腹はいっぱいなのだが物足りない。
そこでスウィーツ・フォレストへ。
入り口と書かれている所から入り、順路→、順路→、順路→、順路→、と抜けて出口へ。
なんだよーこれじゃ地方のデパートのフードコートじゃん!
しょうがないので帰りにパン買って帰りました。
よろしくぅ〜哀愁。。。





小学4年生の苦い思い出。
当時住んでいた横浜の上大岡という商店街にファーストキッチンができた。
盛大なオープンキャンペーンで満員の店内。
俺はポッケの中の小銭を握りしめ、自信を持って・・・
「ファーストチキンシェークくださいっ」と叫び、満席の店内が爆笑になって、半年はその商店街を歩けなかった思い出がある。
よしっ、リベンジっ。
と、なってからも45年経った今でも、1度たりともシェークは注文したことがない。
今では自由が丘店に入り・・・
「とろとろ牛肉のブラウンシチューパスタと芳醇バター味ポテトと炭焼アイスカフェラテちょーだいっ」なーんて、ちゅーもんできるようになりましたっ。
しくよろっ、哀愁っ。。。





はぁ〜るぅばぁるぅ〜っ、来ぃたぜぇ〜っ、函館や〜♪
というわけで、キョウメシはオカジュウの函館や。
もといっ、箱館や。
歩いてもこれるので、全然はるばるではありません。
無邪気が経営しているディファレントなスタイルのお店です。
メインは塩そばですが、今回のオーダーは「浅利塩そば大盛り」。
浅利だけにアッサリか?
いえいえ、濃厚な、でもくどくないスープです。
んまいっ、おすすめっ。
夜露死苦、哀愁・・・。





自由が丘の丘の上、デニーズの斜め前に「のあえ」という創作和食の店がございます。
食器好きが高じて、店を出したという女将。
奥には着席のテーブル、そして中央にデカいテーブル。
いや、お膳だな。
そのお膳を囲むように座敷に客が座る。
俺の隣にはミスチルさんが飯を食っている。
酒を飲んでいるかどうかはわからんが、けっして「もういっぱーいっ、もういっぱーいっ。」などとは歌っていない。
俺のところに来た食器に見覚えがあった。
これってもしかしたら、丘みつ子さんの作品?
女将さんはそうだという。
俺は以前、丘さんの個展で彼女の作品を2点手に入れたことがあった。
こんなところで出会えるなんて・・・。
料理といえば素朴だが、全部が美味い。
定番があって、日替わりのおかずがあるタイプなのだろう。
酒好きにはたまらんだろうな。
印象は、まじめなまじめなお店。
ありがとう、、、よろしく哀愁。。。





ドーナツではなくドーナッツ。
こいつをアートの域にまで押し上げたアメリカのショップです。
ニューヨークと言えばベーグルが有名ですが、同じ穴の開いている食いもの。
これもユダヤなのかなぁ?
ま、んまけりゃいいんです。
しかし、お菓子はお菓子、ランチにはなりません。
真裏にスイーツフォレストなる強敵がいるので大変でしょうね。
これからもカラフルなドーナッツをご提供いただきたいものでございますっ。
4649っ、哀愁。。。





「Taj Mahal」自由が丘店に行ってきた。
二子玉川のカレー屋へ行ったら、店がなくなっていたからである。
こんなんばっかである。
昔食った場所へ行くと最近富に店が閉店している。
基本的に俺はカレーよりアメーが好きなので「カレーが食いてぇーっ」となってからでも、しばらくは大丈夫なのだが、この時ばかりはそうではなかった。
車に乗ったときは「めざせ横浜チャイナタウン」だったのだが、カレーに変更となった。
俺が頼んだメニューはディナースペシャル。
これは結構お得らしい。
クーポンもクレジットカードも使えないと、スリランカ人らしき店員が説明してくれた。
サラダ、シシカバブー、タンドリーチキン、サフランライス、ナン、そしてカレー1品。
おいしく、おいしく、いただきましたっ。
よろしくぅ〜哀愁っ。。。





一般的には高評価の店です。
しかしながら俺にとっては逆となってしまいました。
シンガポールチキンライスにスープがない、ソースにもパンチがない、炊き込まれている米の香りがないという、ナイナイナイ3拍子でした。
他のログを見ると、結構ファンが多いので、俺の料理だけがそうだったのでしょう。
唯一いいところは店内犬連れOKということ。
ただし小さな子供多し。
なのでしっぽや手を踏まれたりして、怒ってしまう子の飼い主は注意が必要です。
よろくし、哀愁。。。





日本初のオーダーを受けてから調合するミックススパイス専門店。
香辛堂に行って来ました。
原チャリ飛ばして家から15分。
これならキッチンに本格的なスパイスを揃えて、「あれどこだっけ、あっ、あったあった。えーっ、香りが飛んでるよー。」 なんてことになるくらいなら、 都度買いに行けるね。
ちなみにここから歩いて1分のところに、本格的なお茶屋さんがあります。
古今東西の紅茶や国産紅茶、そして緑茶も何百種類と揃っているので、ありがたい。
そしてその店は俺の大好きな京番茶が売っております。
京番茶飲みながら自分で調合したスパイスでタコライスでも作って食べるなんて、超贅沢ですね。
4649〜哀愁っ。。。



グルーポンを使って自由が丘の何故屋に・・・。
このたい焼き3匹で520円が50%オフで260円。
でも、飲み物が600円。
やられたーっ。
でも、食べてみたらはじめての食感。
なんじゃこりゃー。
で、ん、何も入っとらん。
なんじゃこりゃー。
えっ、プレーンっ。
たい焼きでプレーンって、あるんだ。
まるで、ドーナツ。
その後がよかった。
「マンゴープリンご試食ください」
というわけで、いただいたマンゴープリンが、んまいんまい。
ここでは絶対マンゴープリン食べてください。
そして、とってもおしゃれなたい焼きカフェなのに、喫煙できます。
そして、店員さんが3人とも同じメガネかけてます。
なぜっ、なぜなぜっ。
ヨロシク〜哀愁。。。





これはこれは洋食亭っ、つーわけで自由が丘の洋食屋「ブラームス」。
デミグラスソースの大好きな俺としては、ここのソースを何とか物にしたいと考えております。
黒いのね、黒いのっ。
洋食屋というと赤派もいるけど、俺黒派。
で、苦いのね、ちびっと苦いのっ。
いちばん好きなメニューは牛タンシチュー。
次がビーフシチュー。
オムとかは食いませんっ。
このデミ何とかモノにできないかなー、と思いつつ食べておりました。
ハタと気がついて、ストックしてあるデミグラ缶にとあるものを混入して、鍋で煮てみたのさっ。
出来ましたよ、似たような味。
またひとつ、秘密が秘密じゃなくなりました。
んまいけどねー、ちとエクスペンシブかな?
もうちっとだけ安いと、もっと行くんだけどね。
よろちくーっ、哀愁っ。。。





自由が丘の一軒家で、ソファで寛ぎながらパスタを食べることができます。
正直言って、んまいです。
「しょうゆの和ぱすた」
「味噌とクリームの和ぱすた」
「おだしの和ぱすた」
なんて、カテゴリー別になっているメニューからセレクトします。
オススメはもちろん味噌。
それ以外にすり流しと和え物が添えられて来ます。
和に傾いているパスタですが、そこらの洋麺屋よりはよっぽど美味いよ。
ぜひっ。
よろしく、哀愁ぅ。。。





玉手箱のお弁当を売ってくれるお店です。
自由が丘1丁目店ではなく、ただ1丁目店というからには、とてもセグメントされた地域に根ざした弁当屋であろうと思われます。
俺が知らないだけで、もしかしたら100丁目店ぐらいまであるのかもしれません。
で、おかずの質はすべてデパ地下っ。
この中から好きなものをいくつかセレクトしてお弁当にしてくれる。
6種盛りライス付き、4種盛りライス付き、 他にライス無しや単品グラム売りでもオーダーできますっ。
弁当屋としては高額ですが、デパ地下食品を数種類食べれると思ったら安いもの。
弁当屋では、一番好きかもしれませんっ。
ヨロシクぅ、哀愁ぅ。。。





Toshi Au Coeur Du Pain。
都立大からも自由が丘からも同じ距離。
そして両方上り坂っ。
しかし間違いなくピカイチです。
この味、そしてこの価格。
外観からしてさぞやお値段もいいのではと疑ったのが申し訳なく思います。
まだ出来立ての店ですが、間違いなく一番です。
目黒通りのデニーズでモーニングを食い、朝6時にデニーズをチャリで出発すると1分後には既に開いています。
やる気満々なところが素晴らしい。
ドゥミバゲット100円ちょい、店を出て焼きたてをその場でかじると本当の味がわかります。
パンオショコラも200円ちょい。
オススメっす。
誰にも教えたくないのですが、潰れると困る店なので・・・教えますっ。
朝6時にパン買いに行くって、かっこいいっすよ。
YOROSHIKU、哀愁っ。。。





ランチで常連です。
俺にとってはオカジュウで一番好きな焼肉です。
んまいですっ。
1,500円という設定でこの肉とこの付け合わせは秀逸です。
カルビセレクトは超霜降りだったりするので、ご老人には脂っこいかと。
お年を召された方にはロースをおすすめします。
車アクセスの方は隣の100円パーキングに。
駐車代は無料になります。
しくよろっ哀愁。。。





真夜中に突然、美味い魚が食いたいよなぁーって、思うことありますよね。
・・・よねっ。
少なくても、俺は思います。
で、24時間オープンの海鮮料理屋へ。
刺身もあります。
丼もあります。
焼き物もあります。
寿司もあります。
マグロなんて得意です。
っうー店です。
深夜料はいただきません。
テイクアウトだってできちゃいます。
なので早朝4時頃にマグロ丼トゥーゴーしたりします。
700円くらいかな。
店で食うときは、もっぱら海鮮こぼれ丼。
こちらは1,300円ほど。
オカジュウ駅から徒歩2分くらいなので、終電終わっちゃったら宴会でもしてください。
よろしくっ、哀愁。。。





うなぎの大黒屋にビビった方は階段を上がってコチラの店に向かいます。
次元でもルパンでもなく五右衛門です。
相変わらず麺は太いという印象。
でも、どこかお上品ですね。
量もあり味もしっかりしているのに、なぜかお上品という印象があるのはなぜでしょう。
にんにくかなぁ。
俺的にはパスタはワイルドな方が好みです。
この店はハーフ&ハーフ的なものがあったと思うので、いろんな種類が食べられるのはいいですね。
レモンクリームのナポリ風スパゲッティー、海老とあさりとヤリイカの醤油バター、カニと海老と本からすみのペペロンチーノ、がオススメっす。
よろしく、哀愁。。。





2007年に店主が逝ってから、この店にはもう来ないのかなぁって思っていた。
隣のクルン・サイアム本店が、またまた階段の下まで客待ちしていたので、店主が変わったのを承知で久しぶりに入ってみた。
店は自由が丘「とんかつの丸栄」。
入口はまったく変わっていなかったが、中に入って内装がきれいになっていたのでビックリ。
ロースかつをいただいた。
味は昔と変わっていないような気がする。
鍋で油を使い揚げるのではなく、フライパンにラードを入れて焦がす感じ。
ロースの油もほどよく甘い。
小ぶりで俺にとってはちょうどいい分量。
セットは無いので、単品、ライス、赤だしと頼むと2,000円弱。
まぁ、自由が丘という土地柄、しょうがないだろうね。
俺は美味いと思うんだよ・・・。
しかし、この店、ことごとく評判が悪い。
それは、味ではなく、ほとんどがサービスについて。
これも土地柄?
べつにいいじゃない。
俺にしてみたら街中のとんかつ屋。
笑顔やサービスが欲しけりゃ、向かいのマックかファミレス行くよね。
久しぶりに、お上品じゃないとんかつ食べさせていただきました。
うまかった。
ありがとう。
また、よろしく哀愁。。。





うまいねー、でも買って帰ったことしかありません。
2階で食えるみたいだけど、俺には敷居が高いっす。
で、軽井沢レザンはパスしていつも軽井沢ブルーベリーっす。
これ、通販で買うとカットして来ちゃいます。
なので面倒でも店舗でのご購入をおすすめします。
よろぴく、哀愁っ。。。





やーまだっ電機っ。
というコマーシャルも聞こえてきそうな、自由が丘のヤマダ電機前。
家電を買うついでにいつも食うのがここ。
全体的に生姜が強めかな。
でも、毎回食いたくなるので、そんなには気にならない程度。
点心がオススメらしいが食ったことなーしっ。
いつも汁系・焼き系のそばか定食です。
焼きそばは、そこそこクオリティー高し。
サービスは期待しないほうがいいかも。
全体的に美味いと思います。
次は夜にでも、点心に挑戦です。
シクヨロ、哀愁っ。。。





なんて、んまいんでしょう南国飯店っ。
大貫憲章さんからご紹介いただきました。
自由が丘駅徒歩3分という立地にありながら駐車場も4台完備。
そして100円パーキングも4台提携で完全無料になります。
メシはといえば、何を食ってもんまい。
そこが凄いっ。
ソバ系、飯系、粥系、スープ系、焼き物系、煮物系、ハズレたことがありません。
こんなにたくさんの横浜チャイナタウン店舗を征した俺でも、ココで充分と思ってしまうのは嘘ではありません。
そして付け合わせに出てくる大根の漬け物。
今まで連れて行った人で、これを「美味い」と言わなかった奴はいません。
ぜひっ、ぜひっぜひっ。
宜しく、哀愁っ。。。



PR
このブログについて
このブログは天地真理郎(あまちまりお)が実際食べ歩いた店を備忘録としてエントリーしています。
全く個人的な感想を正直に「美味い・不味い」と書いていますが、誹謗中傷をしているつもりはありません。
食べ物とは・・・一緒に食べる人、その時の気持ち、体の状態、気候等によって味覚は変わるものです。
よって、食べログなどで高評価の店も俺にとっては不味くなったり、またその逆もあり得ます。
俺が「んまいっ!」と言っている店を美味しいと感じるなら、多分このブログはこれからの店選びの参考になると思います。
また、本文の記入していないエントリーは「不味い」というわけではありません。
あくまでも備忘録、後でいいやとそのままになっているものもございます。
そして写真を撮るために食っているわけではありませんので、記事を書く時に画像に関してはウェブからの拾い物が多数ございますことをご了承ください。
店名に関しては「食べログ」に忠実に記載しています。
場所に関しては最寄りの駅を記載していますが、アバウトにお考えください。(駅の遠い場所に関しては、地名やランドマークで記載している場合があります。)
天地真理郎(あまちまりお)の超オススメ
世界で1番んまいっベーコンっす!
M

世界で1番んまい醤油、しかーしっ世界で1番高いっす!
M
美味い水
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い酒
M
M
M
美味いドリンク
M
美味いスイーツ
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い野菜・果物
M
美味い肉
M
M
M
M
M
M
M
美味い海鮮
M
M
M
美味い惣菜
M
M
美味い麺
M
M
美味い穀物
M
M
美味い乳製品
美味い調味料
M
M
美味いチャイニーズ
M
便利なケータリング
便利なレストラン予約
M
PR-2
忍者ブログ * [PR]