忍者ブログ
プロフィール
HN:
天地真理郎(あまちまりお)
性別:
男性
地域
バーコード


テラスカフェ720。
その店の名前である。
720センチの一枚板のカウンターがある。
都立大の駅前から石を投げれば届く距離。
ちいさなちいさなカフェである。
店のすべてがテラスなので、外の温度のままである。
雨が降ると濡れる席がある。
席数は5席ほどかな。
そんなネガティブな要素を含んでも、コーヒーが美味い。
俺的にはダン・アロマよりも上である。
日沼さんというかわいい女の子が切り盛りしている。
おすすめはカレーである。
どうもスパイスソムリエみたいな資格を持っているらしい。
ヨロシク、、、哀愁。。。



PR


諸星ダーーーーン、っうわけで・・・都立大のダンアロマへ。
とてもいい雰囲気のお店です。
一流ホテルのバーや喫茶のように。
しかし、一般的な喫茶店のように強い珈琲の香りは漂っていません。
この店独特の低温で抽出する製法をとっているからです。
コーヒー好きの間では結構メジャーなお店で、著名人も訪れるしテレビなどでも紹介されています。
でもね、俺の好みにはちびっと合わないんですよ。
本当のコーヒー好きとは、俺は意見が違うんです。
昔ながらのタイプなんでしょうか?
今のコーヒー豆ショップにはサイホン売ってないでしょ?
あれ、専門家には不評らしいです。
豆屋さんはみんなドリッパーを薦めます。
でも、俺はサイホンが一番美味いと思います。
俺の馴染みの喫茶店はみんなサイホンのところばかり。
水出しコーヒーは特に苦手です。
俺の知っているコーヒーというシロモノと違う味と香りがします。
だから水や低温でじっくり時間をかけて落とすのはちょっと。
ということで、味と香りの好みは人それぞれということですね。
ごめんね・・・。
よろしく、、、哀愁っ。。。





なんでもこーいっ。
というような懐の深さを見せてくれる大菊なのです。
蕎麦食いに行くか?ではなく、大菊行くか?な、店であります。
和物と中華物・揚げ物のコンビネーションなどを得意としております。
俺が今回食ったものは、カレーせいろセット。
ほんとはこういうメニューありません。
熱々のカレーに冷え冷えの蕎麦を付けて、「なんじゃこりゃ」を口の中で楽しむものに、無理やりセットを付けてもらいました。
しょっぱすぎるみそ汁にしょっぱすぎるぬか漬けがGOODなシロモノです。
こうすることによって、カレー南蛮とカレーライスが一緒に食べられるという、主食と主食の組み合わせっ。
「炭水化物+炭水化物=夢の競演」的な公式が成り立ちます。
しくよろ、哀愁。。。





小腹が空いた時にこういう喫茶店便利ですね。
ちょっと休みたい時にコーヒー1杯注文して疲れを取るとかね。
で、ここは多分働いている方は気付いていないけど、、、水が不味い。
浄水器使って水をなんとかすれば、全部の味が上がると思うんだけどなぁ。
なので、ヒーコーもNO GOODっす。
しくよろっ、哀愁。。。





チョコクロが人気です。
誰にっ?
俺にですっ!
黒いチョコクロね。
白はダメです。
個人的にねっ。
メロンパンファクトリーのクロワッサンの何倍も美味しいと思います。
あそこのパンはムラがありすぎます。
こっちは、ちゃんと作っている感が伝わってきます。
よろしくーっ、あいしゅー。。。





香辛房という名のインドカレー屋。
都立大の郵便局近く。
厨房にはインド人。
オーナーっぽいおじさんは日本人。
Aコース・・・
カレー2種類、タンドリーチキン、パパドロースト、窯焼きナン/サフランライス、サラダ、コーヒー/チャイ(HOT/ICE)/ラッシーICEで1,500円。
まぁ、本格派としてはお手頃ですね。
カレーの味はパンチなし。
でも、たぶん通っちゃうんだろうなぁ。
日本語は通じませんが、エイゴ・デ・コミュニケートできるインド人のコックさん。
2時間の食事時間の間、1時間はこの方とお話していました。
スパイスのこと、いっぱい聞きましたよ。
そして、インド自慢。
人を大切にする、そんなカレー屋さんでした。
よろしく、哀愁、ナマステ〜ッ。。。





俺は本当のラーメン通ではないかもしれません。
なぜ、ここのラーメンが美味いのだ?
俺にとってはそういう店ですね。
いっせいらーめん650円。
豚骨&鶏ガラの白湯スープが俺にとっては臭過ぎました。
クルクル系のチャーシューもダメなんです。
次は別の味に挑戦してみたいと思います。
うーん、黒ならいける気がします。
よろしくっ、哀愁っ。。。





都立大ではケーキブッフェで有名な店。
しかしながら、俺はパスタです。
ここのパスタ、ケーキ屋の域を超えています。
んまいっ。
外にテラスが1テーブルあるのですが、そこが指定席です。
ケーキはもちろん、何食っても・・・んまいっ、んまいっ。
よろしくーっ、哀愁っ。。。





目黒区のパーシモンホール1Fにあるレストランです。
パスタ・肉・魚・ドリアより一品選んで、冷野菜・温野菜のブュッフェが食べ放題。
ついでに店独自ブレンドの温冷ハーブティーが数種類飲み放題になります。
パンもバケット・フォカッチャが食べ放題。
子供もたくさんいるのですが、なぜかみんな騒いでいない。
いい感じです。
売りのサラダバーは全国の農家より直送野菜。
んまいねぇ。
ドレッシングは味噌がオススメ。
ぜひ一度、食ってみなよー。
一人でもお気軽に入れます。
しくよろっ、哀愁。。。





ああああーっ、長崎ぃはーっ、今日もーっ、あっめっえっだあたーーーっ。
つうわけで、前川清さんの店、焼肉じばご。
あれっ、今は違うのかな。
ま、んまけりゃいいんです。
で、ビーフは美味くてあたり前田のクラッカー。
特筆すべきはローズポーク。
こればっかりは文章で説明できません。
大きさよし、厚さよし、色よし、味よし、香りよし、油よし。
まぁ、いっぺん食ってみてよ。
よろしく、哀愁ぅ。。。





お気にの中華レストラン「華空間」でございます。
そこそこ混んでいることはございますが、激混みはありません。
なぜならば、どの駅からも遠いからです。
20〜30分はあたり前田のクラッカー。
場所は柿の木坂です。
車でお越しの方は環七沿いに見えるお城がこの物件。
ただし駐車場は、超がつくほど入れにくい。
そんな空いている店内で、優雅にランチをいただくのです。
1回1枚サービス券がもらえます。
15枚でランチが1回無料になります。
で、食べるべきものはといいますと、うーん、なんでも美味いっす。
よろしく、哀愁ぅ。。。





ご存知、清水圭・香坂みゆきご夫妻のお店。
俺はいつも車で伺います。
店の横を入り奥まで進むとパーキングは3台分。
ただし他の車が止まっていると中でUターンするのは、よっぽど自信がある方のみ。
こんなとこでぶつけて、警察呼んだら楽しい一時が台無しです。
手前で一度停まって、確認されることをおすすめします。
朝8時からオープンなので、気持ちのいい時間に訪れるといいかもです。
ただし駒沢通り沿い、その時間は車はラッシュですけどっ・・・。
ドリップは340円、外のテラスで飲むことをおすすめします。
テーブルには所ジョージさんのサインなども書いてありますね。
外は喫煙OKで、犬も大丈夫。
食い物はありませんっ。
よ・ろ・し・く、哀愁。。。





でたーーーっ。
モーニング娘。的な・・・。
この最後の「。」はなんなのだ。
ハシゴの最後にしてくださいとか、この店だけで完結できますよ、とか。
ムラムラしながら食事をしております。
夜は飲み屋になりますが、昼はしっかりしたランチを食わせる愛すべき店。
こんなにいい店なのに混みません。
数名のお客の調理をしながら、夜のためにガンガン仕込みをしています。
そしてランチの売りは、どの定食だろうが、肉料理だろうが、魚料理だろうが、カレーが付いてきます。
店主、実はカレー好き?
このチビカレーでライスが進んでしまうので、おかずは実はいらないんですけど。
宜しくっ、哀愁。。。





以前より気になっていた都立大学のスタリオンへ。
ステーキとビーフ・ファヒータとミートソース、そしてタコライスをいただきました。
たぶんすべてに共通しているであろうスパイス。
その臭さがたまりません。
値段はと言えば、ステーキは普通かな・・・。
でも、それ以外の食事は異様に安い。
メキシカンというとお高めなイメージありますが、ここは安心安心。
1人で行っても、接待で行っても、誰と行ってもOKですよっ。
ただ、店の名前が・・・アメリカンダイニング。
うーん、メキシコ料理なのになぜだ?
ヨロシクっ〜哀愁っ。。。





元気?と、宮前平に住んでいるエチオピア人は聞くのです。
何してきたの?と、宮前平に住んでいるエチオピア人は聞くのです。
どんな車に乗っているの?と、宮前平に住んでいるエチオピア人は聞くのです。
どんな仕事をしているの?と、宮前平に住んでいるエチオピア人は聞くのです。
美味しかった?と、宮前平に住んでいるエチオピア人は聞くのです。
そして、、、もう帰るの?と、宮前平に住んでいるエチオピア人は聞くのです。
きっと宮沢賢治がお客なら「質問の多い料理店」という物語を書くことでしょう。
ランチメニューの日もあれば、ブランチメニューの日もあれば、ブッフェの日もあり、トゥデイズ・スペシャルやら、サンデイ・スペシャルやら、訳がわかりません。
質問したいのはこっちの方だーっ。
というわけで、何回か時間を変えて行っているわけですが、感想は「地味に美味い」。
エチオピア料理。
うーん、食ってみてください。
多分、俺と同意見だと思いますぞ。
超元気な、宮前平に住んでいるオーナーシェフが、お迎えしてくれます。
あ、そうだ、店は東急線の都立大ですからね。
よろしく、哀愁。。。





「汐屋だい稀」でぇーございまーすっ。
想像するに、きっと名字が汐屋で、名前がだい稀だなっ。
今回再訪でありんす。
前回はプレーンの塩でがんした。
今回は味噌にチャーシューご飯をいただきやした。
塩のときはストレートの細麺、味噌はちぢれ太麺。
2回食べてみないとわからないことが発見出来た、よ・ろ・こ・びっ。
塩に関しては、鶏だしなのに鰹が強過ぎてバランスが悪く、塩の強さが引き立ってしまっていると感じたものでした。
味噌は逆に主張が足りないと思うのです。
ちょっとピリ辛。
もっと、ガツーンときて欲しかった。
コラァーッ、かかってこいよーっ的な。
これは本当、個人的な好みになるかもしれませんが・・・。
で、テーブルのニンニクを投入ですが、ニンニクも「いい子ちゃんのニンニク」なのです。
匂いを抑えました的な、キレイすぎるニンニクです。
不味くはないんです。
不味かったら、俺、ここまで書きませんから・・・。
チャーシュー丼は・・・イケテますっ。
よろしくぅっ、哀愁。。。



03-5726-2022



最近です。
オリジンの良さがわかるようになってきたのは・・・。
昔から食っているんですが、腹を満たすだけのために食っていた気がします。
すみません。
そして最近オリジンに目覚めた俺は、深夜食は週2日くらい食っているのです。
のり弁当290円なりっ。
しかし、メルマガをとっている俺には50円引きクーポンが発行されます。
1,000円あれば4日飢え死にしません。
そしてたまにですが別メニューも注文いたします。
しかしながらまたのり弁に戻ってきます。
のり弁に始まり、のり弁に終わる。
まるで格言のようです。
そして、最高の白身魚のフライにタルタルソースをかけて揚げたてをサクっとかじるときの快感は何とも言えません。
フラィララィララィララィララィ・・・・・。
思わず唄が口から出てしまいます。。。
よろしくっ、あいしゅうっ。。。



PR
このブログについて
このブログは天地真理郎(あまちまりお)が実際食べ歩いた店を備忘録としてエントリーしています。
全く個人的な感想を正直に「美味い・不味い」と書いていますが、誹謗中傷をしているつもりはありません。
食べ物とは・・・一緒に食べる人、その時の気持ち、体の状態、気候等によって味覚は変わるものです。
よって、食べログなどで高評価の店も俺にとっては不味くなったり、またその逆もあり得ます。
俺が「んまいっ!」と言っている店を美味しいと感じるなら、多分このブログはこれからの店選びの参考になると思います。
また、本文の記入していないエントリーは「不味い」というわけではありません。
あくまでも備忘録、後でいいやとそのままになっているものもございます。
そして写真を撮るために食っているわけではありませんので、記事を書く時に画像に関してはウェブからの拾い物が多数ございますことをご了承ください。
店名に関しては「食べログ」に忠実に記載しています。
場所に関しては最寄りの駅を記載していますが、アバウトにお考えください。(駅の遠い場所に関しては、地名やランドマークで記載している場合があります。)
天地真理郎(あまちまりお)の超オススメ
世界で1番んまいっベーコンっす!
M

世界で1番んまい醤油、しかーしっ世界で1番高いっす!
M
美味い水
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い酒
M
M
M
美味いドリンク
M
美味いスイーツ
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い野菜・果物
M
美味い肉
M
M
M
M
M
M
M
美味い海鮮
M
M
M
美味い惣菜
M
M
美味い麺
M
M
美味い穀物
M
M
美味い乳製品
美味い調味料
M
M
美味いチャイニーズ
M
便利なケータリング
便利なレストラン予約
M
PR-2
忍者ブログ * [PR]