忍者ブログ
プロフィール
HN:
天地真理郎(あまちまりお)
性別:
男性
地域
バーコード


広東づいてます。
ガネーシャ買いに行ったときに、ランチ。
もち、横浜チャイナタウン。
俺としては珍しく、本通でメシです。
今回の店は「福臨閣」。
チャーシュー麺とチャーハンと杏仁豆腐、ザーサイのセットで900円也。
チャーシューは1センチほどの厚みで5枚ほど。
チャーシューの味は、正直言ってサイコーですっ。
チャーハンの器もサイコーですっ。
よろしくぅーっ、哀愁ーっ。。。



PR


言わずと知れた梅蘭です。
焼きそばで有名な店。
具は麺の中に仕込んであります。
よって見た目は良くないです。
ここで食う時にいつも思うのです。
サプライズで何か別のものが出てこないかと・・・。
「あんこ」とか出て来たら笑っちゃうなとか、「おじさん」とか出て来たら怒っちゃうなとか・・・。
フォーチュン焼きそばだったら、元旦に食いたいなとか。。。
しかしながら、出てくるものはいつも一緒。
うーん、残念。
でも、安心。
味は申し分ありません。
でも、途中で飽きちゃいます。
ここでは連れと違うものを注文してシェアすることをおすすめします。
よろしく、哀愁〜っ。。。





市場通りの白鳳の新館です。
香港路の「白鳳」ではありません。
道で覚えてください。
看板にも箸袋にも新館の文字はありません。
ここでは八宝菜をいただきます。
コスパはいい感じですよ。
サービスは悪いけどね。
で、二つの違いを明確に分けるもの。
それは、盛付けです。
数回通っていますが新館の盛付けはすべてが汚いという印象しかありません。
よろしくー、哀愁。。。





香港路の「東光飯店別館」です。
地味ながらに美味しい店。
本店は美味いと思ったことないんですが・・・。
ランチは700円くらいかな。
炒飯んまいよーっ。
さらに白飯も付いてきます。
意味わからーんっ。
で、一品料理も激盛りで満足なランチ。
で、俺はこの店、油淋鶏がオススメです。
かかっているソースもそんなに酸味がない感じ。
衣の付いていない素揚げ系。
なので、唐揚げをポン酢で食う的なジャパニーズにはいいかもです。
〆の杏仁はトロトロ系。
いいっすよっ。
4649っ、哀愁っ。。。





ニイハオっすっ。
チャイナタウン本通でも、こんなに安いランチが食えるんだという店。
20種類くらいあります。
どれも680円です。
で、ザーサイと白飯とスープが付いてきます。
コスパ的にどれを頼んでも平均点は軽く超えてくれると思います。
俺が好きなのはイカ系です。
やや、あっさり系なのかな?
んで、ランチ以外なら・・・俺的には五目そばがオススメです。
んっぐっ、よろしくっ、哀愁んっ。。。





関帝廟通りにある店。
ここでは1人で入って焼売と焼飯を頼むべし。
んで、パッと食って帰るべし。
この2品ではチャイナタウンでトップクラス。
しかしながら店員の態度に100%むかつくこと多し。
なので誰かと行くと美味しくなくなっちゃいます。
神経を集中し、脇目も振らずに味を堪能し、「んまいっ」と完食してサッと帰る。
この店の一番いい利用法です。
宜しくぅ、哀愁。。。





この店で食うべきもの。
それはサンマーメンである。
秋刀魚が載っているわけではない。
ハマっ子なら馴染みの味、あんかけタンメンしょうゆ味である。
サンマーメンといえば実は聘珍樓と決まっている。
なぜか?
それは、昭和5年に聘珍樓の当時の料理長が考案した麺料理だからである。
聘珍樓は確かに美味い。
しかし、B級サンマーメンが食いたい時もハマっ子にはあるのである。
おでん屋のおでんじゃなく、駄菓子屋のおでんみたいな・・・。
で、廣東飯店。
多摩川以南、富士川以東の特に太平洋沿岸地域で多く食べられている、ある意味ご当地ラーメンである。
この地域以外の人も、死ぬまでに一度食うべし。
ニーハオ、哀愁。。。





以前と比べて味が落ちちゃったね。
サービスも一段と悪くなった感じ。
選ぶ基準は昔より努力しているか、昔の味を守っているかのどちらか。
こういう店は一人で行ってくださいね。
まぁ、他の店が混んでいて入れなければの話ですけど・・・。
宜しくーあいしゅう。。。





レビューサイトなどでは評価の低い店です。
しかしながら俺はこの店オススメです。
いままで何十軒も横浜中華街を食べ歩いて来た方は感動していただけると思います。
ただのチャイニーズ通ではなく、この「街」を食べ歩いて来た方という意味です。
美食同源をうたっており、メニューも使っている薬膳の原料を明記したりしております。
美肌系のスープが付いているセットがオススメ。
んまいっ、スッポンスープみたいっ。
で、春巻きは個人的に中華街の中でもトップクラスの味だと思います。
んよろしくっ、哀愁〜。。。





俺の育った街横浜。
ガキの頃から庭だったチャイナタウン。
中国茶を買いに車で出かけた。
元町の「三月うさぎ」でフレンチを食おうと思っていたが店がなーいっ。
じゃ、中華街でメシ。
行きつけのワンタン屋にしようか、それともHELL-Cにお粥にしようか迷っていた。
メインの通りは避けて中に入ると、ありましたよシックスセンスをくすぐる店が・・・。
長天門から関帝廟通りを抜けて市場通りを左折、本格中華100品食べ放題のキャッチコピーとともに「酔龍」が見えてきました。
席に着くなり、北京ダック・卵スープ・鳥のから揚げ・前菜三品盛り・小籠包がサービスでテーブルに並びます。
そこからスタート。
ガンガン頼もうと思っていたが最初に出てきたのが10インチプレートでちゃんとした牛肉とトマトの炒め物。
ヤバイー、小さい皿で出てくると思ったのに、普通の二人前がやってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!
エビチリなんか冷凍ではない海老が20匹はチリの中を泳いでるYOU!
結局デザートまで計18皿、最後はラーメンで締めようと思ったのに自信が無く、チャーハンに逃げた俺でした。
店員が「あれー、負けー?」という目で俺を見ています。
降参Death!
よろしく、哀愁デスッ。。。





新横浜まで行ったついでに、チャイナタウンまで足を伸ばして飯を食ってきた。
今回の店は「青海星」。
なんというビューティフルネーム。
タケカワユキヒデなら、きっと歌いだすに違いない。
青は海にかかるのか、それとも海と星の両方にかかるのか。
いや、青い海の星だろう。
すなわち地球。
うーん、いい。
関羽さんの通りから市場通りを入ったところ。
チャイナタウンはガキの頃からの庭なので50軒は行ってますが、この店実は初めてです。
広東はあっさりというイメージがあって、あまり自分では行きません。
今回は糖尿を患っている者が一緒なのでここをセレクト。
基本のセットは20種類ほどの麺か飯の中から一品を選び10種類ほどの飲茶の中から一品、それにザーサイとスープ飲み放題で980円。
広東の考え方が変わりました。
薄いだけではなく、繊細さを感じます。
基本塩味。
海鮮飯もしょうゆやオイスターソースでごまかしません。
牛バラソバのだしのとり方なんて最高です。
ただ、生姜の苦手な方は「五目」系はパスしたほうがいいかもしれません。
一度お試しあれ。
追記・・・後でわかったことですが青海星はアオヒトデのことでした。
どっちにしてもビューティフル。
ヨロシクッ、哀愁。。。





マルタの小屋。
映画のようなタイトルのこの店、気さくすぎるぞ、店員っ。
つーわけで、まるた小屋。
チャイナタウンの超が付くコスパのお店なので、その気さくさが良いのかもね。
「いらっしゃいませーっ、まるた小屋へようこそーっ!・・・コチラが当店自慢のチャーシューネギラーメン315円です。ぜひお召し上がりくださいませーっ!」
って感じでした。
実はとある有名ホテルの独立組。
食べ歩き用の商品も豊富。
安いからといって不味くはないよ。
きっとどこかで絶対再開することを祈っております。
よろしくっ、哀愁ぅ。。。





善隣門のほぼ下です。
本通を歩き疲れて座りたいときはここでしょ。
味はどうあれココに存在していることが神っ。
冬は暖房・膝掛けも常備してくれています。
席が狭いのが難点ですが、立地からするとしょうがないかな。
コーヒーといえば・・・美味しいわけではありません。
ま、コーヒーは人によって好みはそれぞれ。
でも、普通と思っていたほうが安心安心。
足が疲れた時、トイレに行きたい時、一服したい時に安い価格で助けていただける数少ない飲食店でございます。
よろしーくーっ、哀愁ーっ。。。





俺は好きです、ここの「あんまん」。
黒ごまたっぷりのアンが特徴です。
最近は中華街でもごま油を使ったあんまんは、ほとんど売っていなくなりました。
ここのも油というよりは練り胡麻系の味でしょうか?
子供の頃に食った、ごま油の香りのするあんまんが食べたいよーっ。
嘘だと思ったら、あんまん売っている店に片っ端から聞いてみん。
「おたくのあんまんはごま油使ってますかーっ」てね。
俺、やってみましたから。
で、ここのブタまん、俺には生姜が多過ぎますっ。
んでんで、本題からはずれますがこの会社、株式会社江戸清。
ホームページはふたつあり、ドットコムとドットシーオージェイピーっ。
デザインが違います、内容が違います。
しかし社名と社長は一緒。
中華街にもすぐ近くに同じような店があったり、なんか不思議な会社ですな。
ヨロシク、哀愁ぅ。。。





「トロピカルマリア明治屋横浜中華街店」ですが、中華街にはありませんよ!
チャイナタウンから朝陽門を出て山下公園に向かって歩くとニューグランドに出る道沿いの明治屋の中です。
といっても、路面から小窓で買えます。
フルーツジュースにしてはお安いのでは。
それぞれのフルーツがスムージー、水で割ったもの、ミルクで割ったものからセレクトできます。
山下公園まで行くと、既成の飲み物を売店で買うようになるので、ドリンクが欲しけりゃここで調達することをおすすめします。
ちゃーんと日本語が通じる南国のお姉さんが元気に営業中です。
で、マリアといえばアサイーです。
ファミレスやレストラン、カフェなどのチェーン店は、ここか他2〜3社のアサイーを仕入れています。
味は確かです。
よろしくっ、哀愁っ。。。





本館というわりには小ぶりに見えてしまうのは俺だけでしょうか。
同發、たくさんありますね。
カフェみたいな店舗もあります。
おすすめは明炉焼鴨・家鴨の香味焼き。
焼き物に特化した店であります。
たべてみなよっ、旦那っ。
んまいよー。
本通りを歩くと、多分一番美味そうなチャーシューぶら下げているのですぐわかります。
で、注文はと言うと「カレー」ww。
これはメニューに載っていません。
裏メニューといったやつですな。
満席の店の中を見回してごらん。
1人くらいは、いますよ、カレー食ってるやつ。
んまいよっ。
4649っ、哀愁っ。。。





ここではいつも飯を食ってから立ち寄ります。
よって飯を食うことは1年に1度あるかないか。
なので、食い物の味は覚えておりません。
あしからずっ、っうーことで、ドリンクです。
いつもベトナムコーヒーをいただきます。
疲れた体にあまーーーいっ練乳が最高です。
おぶおぶっ、てな感じです。
たぶん月に1度くらいのペースで飲んでますっ。
おぶおぶっ。
4649、哀愁。。。





ランチはど迫力であります。
しかも、650円。
チャーハンがちょっと気に入らないかなー。
でも、いいっすよ。
若者とかいいんじゃないかな、これだけボリューミーなら・・・。
俺は奮発してふかひれラーメン&ふかひれ飯いっちゃいましたが・・・。
ま、1,000円台で食えるのですから良しとしましょう。
・・・という感想。
でも、よりチャイナっぽい食事をお好みの方はココいいかもですよ。
老舗のお高い店よりカエル料理なんて、ぜんぜんリーズナブルだと思います。
場所は媽祖廟の隣。
よろしっくっ、哀愁っ。。。





中華街大通りを進み、左手の「白楽天」を左折、上海路をまっすぐ行っての右手中央オレンジ色の看板が目印。
ワンコと入れる数少ない本格中華でございます。
今回はラブラドールが一緒。
でも、ぜんぜん問題ございませんでした。
ホームページには載っていないけど1,000円以内のランチもあります。
単品で550円、セットで700円だったかな。
味は薄めなので、お年を召された方も大丈夫かと・・・。
よろちくぅー、哀愁。。。





お粥といえば謝甜記か安記。
で、連れがいたので謝甜記に決定っ。
わかりますよねっ。
ハマッ子は安記、観光客(お連れ様)がいれば謝甜記。
で本店は満員だったためこちらへ移動。
んまいんだけどねーっ、俺には量が多い。
丼いっぱいの粥は食べているうちに飽きちゃいます。
そこが俺の課題です。
ちと前まで貮号店はこんなにキレイじゃありませんでした。
で、なおさら観光客受けはいいのかと・・・。
俺的には白粥でネギ多め、しょっぱめのトッピングを多めにとって、どんどん味を変えながら食べるのがいいと思います。
YOROSHIKU、哀愁。。。





ハマッ子って・・・崎陽軒食わないよねぇ?
んなこと言っちゃーいけません。
ハマのお土産といったら、ハーバーか崎陽軒は定番でしょ。
で、お土産を買いに崎陽軒に。
だって日持ちするんですよ。
料理屋のシュウマイは日持ちしませんから。
でも、崎陽軒のシウマイはとことん消費期限ありますから。
このクチャっとする感覚が好きな方は良いかと。
俺はどちらかというとゴロゴロ派。
でも弁当に「ひょうちゃん」が入っていれば文句はありませんが・・・。
なのでお土産専門です。
ヨロシク、哀愁。。。





きったねぇー店です。
何も知らずに観光でこの街に来られた方は絶対に入らないと思います。
俺が物心ついた頃からあるお店。
店構えは中華街では最低ランク。
で、俺は高校時代、ふらっと来ては「チャーシューと白飯っ」なんて注文して食っていたガキでした。
そして30年以上経った今も健在の数少ない店でございます。
メニューはシンプルでございます。
で、いただくのは牛腩飯(牛バラはん)900円なりっ。
味はと言えば・・・間違いなく中華街でトップランクです。
勇気を出して・・・ぜひっ。
宜しくぅ、哀愁っ。。。



閉店



関帝廟通りの「ろまん」です。
俺より年上のお姉さんが一人で経営されております。
中国の極上珈琲種であるドラゴンコーヒー500円なり。
喫煙OKなので近場で疲れたらぜひっ。。。
よろしゅー、哀愁ー。

PR
このブログについて
このブログは天地真理郎(あまちまりお)が実際食べ歩いた店を備忘録としてエントリーしています。
全く個人的な感想を正直に「美味い・不味い」と書いていますが、誹謗中傷をしているつもりはありません。
食べ物とは・・・一緒に食べる人、その時の気持ち、体の状態、気候等によって味覚は変わるものです。
よって、食べログなどで高評価の店も俺にとっては不味くなったり、またその逆もあり得ます。
俺が「んまいっ!」と言っている店を美味しいと感じるなら、多分このブログはこれからの店選びの参考になると思います。
また、本文の記入していないエントリーは「不味い」というわけではありません。
あくまでも備忘録、後でいいやとそのままになっているものもございます。
そして写真を撮るために食っているわけではありませんので、記事を書く時に画像に関してはウェブからの拾い物が多数ございますことをご了承ください。
店名に関しては「食べログ」に忠実に記載しています。
場所に関しては最寄りの駅を記載していますが、アバウトにお考えください。(駅の遠い場所に関しては、地名やランドマークで記載している場合があります。)
天地真理郎(あまちまりお)の超オススメ
世界で1番んまいっベーコンっす!
M

世界で1番んまい醤油、しかーしっ世界で1番高いっす!
M
美味い水
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い酒
M
M
M
美味いドリンク
M
美味いスイーツ
M
M
M
M
M
M
M
M
美味い野菜・果物
M
美味い肉
M
M
M
M
M
M
M
美味い海鮮
M
M
M
美味い惣菜
M
M
美味い麺
M
M
美味い穀物
M
M
美味い乳製品
美味い調味料
M
M
美味いチャイニーズ
M
便利なケータリング
便利なレストラン予約
M
PR-2
忍者ブログ * [PR]